指先水墨画 高畑宏

黄斑変性症とつきあいながら指先で描き続ける画家

刺しゅう風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より

f:id:yubitaka:20160224115022j:plain

 

私の母は京都で習得した刺しゅうの技術で帯、反物に刺しゅうをしていた。 その絵柄の鮮やかな色彩を鮮明に残っています。