指先水墨画 高畑宏

黄斑変性症とつきあいながら指先で描き続ける画家

視覚障害の川渕さん描いた心温まるパステル画展示

昨日の北日本新聞に川渕大成さんのロビー展の記事が載っていました。 目に障害がある水墨画家の高畑宏さんと出会い描きはじめた経緯も書かれています。 川渕さんは、3/14日の常陽新聞にも活動が採り上げられたそうです。 川渕さんのロビー展は、4/8(金)ま…

ボンネットバスとオート三輪車-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 旧国道を軒先をかすめるように砂けむりを立てながら走るボンネットバスとオート三輪車

国鉄高山線-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より ポーと響きわたる警笛、もくもくと黒煙をあげながら走るSL高山線。昭和42年まで走っていたが惜しまれながら姿を消しました。

こおりもち(寒もち)・火鉢でのもち焼き、ところ天、納豆、電話機、蓄音機-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より こおりもち(寒もち)・火鉢でのもち焼き、ところ天、納豆、電話機、蓄音機。

つぶら・みのごも・ばんどり(みの)-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 子供をつぶらに入れて農作業をしていた。荷物を背負う時に身につけたみのごも、ばんどりは雨が降った時の作業時に使った。現在の雨カッパである。

魚の行商-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 岩瀬の方から笹津線に乗って行商のおばさんが魚の塩干物を背負って、馴染みの家を売り歩きました。

八百屋の行商-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 行商のおばさんが荷車に大根・白菜・きゅうり・なすなど新鮮な野菜を積んで売り歩いていました。

大工作業と道具-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 変わりゆく住まいの中で消えてゆく伝統の技。柱の穴開け、カンナかけ、チョンナでの荒はつり、カケヤ、金差し、墨ツボと墨差し。

鍛冶屋の作業風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より ふいごで風を吹き込みながら真っ赤に焼けた鉄を打つ。主にくわなど農具が造られていました。

アイスキャンディ屋-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 自転車でチリンチリンと鐘を鳴らし、アイスキャンディ屋のおじさんがやってきます。1本5円、あずきやいろんな色があり鐘の音を楽しみに待っていました。

紙芝居-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より カチカチ拍子木の音がすると紙芝居の始まり。3円、5円の昆布を買って観ました。当時は「黄金バット」がヒーローでした。

子供の遊び-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 竹馬、自転車の輪ころがし、模型飛行機、空き缶歩き、すずめ撃ち、スギ鉄砲など遊び道具は全て手づくりで、自分たちで作りました。

魚つかみ-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より どの川にもドジョウ、フナ、キス、ナマズなどたくさんいました。網はなくザルを使って獲り、食べるとおいしく貴重なタンパク源でした。

餅つき-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 年末になると朝早くから、どこからともなく、ペッタンペッタンと餅つきの音が聞こえてくる。豆餅、あずき、きなこ餅、つきたてのおろし餅は本当においしかったです。

ショウライ-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より お盆の8月13日ワラや竹を燃やし空き缶に松の根を入れタイマツを作り、振り廻しながら「ジイジもバアバもショウライ」と叫びながら先祖を偲びました。

盆踊り風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 寺や神社の境内や広場で子供から大人までやぐらを囲んだ二重三重の踊りの輪、やぐらの上では私の祖父が音頭をとっていた姿が幼子心に憶えています。

桶造り風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 板や竹を巧みにさばき桶を造り上げる。当時、桶は漬け物に使ったり生活の必需品でした。

みそ造り-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 大豆を煮込み、機械に入れて廻し、塩・糀を混ぜてみそを造ります。

こも造り風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 農作業のない冬期間。寒い中での仕事、祖母のシワだらけの手で巧みに編んでいた姿が懐かしいです。

農作業4-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より とうみをつかって風を起し、その風力でゴミを飛ばし、籾だけを取り入れた。当時は、手間がかかり11月頃まで農作業が続いていました。

農作業3-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 田つぼ(にゅう)と脱穀風景。天候を見ながら足ふみで一束ずつ脱穀するため、大変な手間と時間を要しました。

農作業2-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より わく転がしで、アタリをつける田植えは、人手が必要なため、家族はもちろん近所の人などの手を借り大きい田んぼでは10人を超えることもありました。

農作業1-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 当時、牛や馬の力を借りての田おこしやしろかきの作業をしていました。

刺しゅう風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 私の母は京都で習得した刺しゅうの技術で帯、反物に刺しゅうをしていた。 その絵柄の鮮やかな色彩を鮮明に残っています。

つるべ井戸・ポンプ井戸-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 現在は、コックひとつで水やお湯が出ますが当時はつるべ井戸、ポンプ井戸に頼っていました。水が上がらないこともあり、もらい水をすることもありました。

裁縫と洗濯姿-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 電灯の下で裁縫箱を使っての繕い姿、たらいに水をはり、洗濯板を使って一枚いちまい洗いました。また、川で洗濯をする人もいました。

ワラぶきの農家-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 太い柱、梁でがっしりとした造りで、いろりがあり、冬は暖かく夏は熱が遮断され大変涼しかった。

かや風景-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 当時は蚊が多く「かや」を張って中で寝ていました。子供の頃は楽しく、今でも楽しく懐かしい思い出となっています。

いろり-くらしの記憶展

「くらしの記憶展」より 暖をとり語り合い、お茶を飲みながら芋を焼いたり鍋を囲んで家族団らんの場でした。

グレートデン

最近の高畑さんの作品。近所の歯医者さんで飼っている犬のグレートデンです。 70kgもある大きな犬。高畑さんの散歩コースにこの歯医者さんがあるのですが、犬好きの高畑さんは、金網ごしに犬と顔をくっつけたりして楽しい時を過ごされるそうです。 せっ…

くらしの記憶展

高畑さんが黄斑変性症という目の病になったのが49歳。お医者さんからは失明する、と言われていたのですが10年位経った頃、病の進行が止まり、ようやく希望の光が見えたそうです。 イラストレーターの仕事は辞めてしまったのですが、何かを描きたい、という気…

小矢部市ディサービス「ビスケット」で絵を楽しんでいただく

小矢部市にあるディサービス「ビスケット」の脇坂さんが、高畑さんのお母さんが塗り絵をされている記事を新聞で読んでいただいたことがきっかけとなり、坂の町アートin八尾を訪ねにきてくださいました。 塗り絵の他に、過去の生活を描いたことがある話をされ…

北陸銀行大沢野支店ロビー展

富山市長附にある北陸銀行大沢野支店で指先水墨画 高畑宏さんのロビー展が開催されています。 新春にふさわしい作品を集めました。 作品点数は12点。今年の年賀状で使用された吉祥申の原画も飾られています。 map:x137.206833y36.582210:map:w500 1月29日(…

今年もよろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願い申し上げます。 年始に高畑さんが書かれた「人生訓」。 治療のために飲んでいらっしゃる薬の副作用で、人差し指がしびれるそうで、中指で書かれたそうです。 副作用の影響が和らぎ、元のように精力的な活動ができることを祈るばかりです…

今年も一年お世話になりました

今年の高畑さんは夏に治療の入院に入られ、それ以降、生活は元より制作活動も一変してしまいました。 一時は断念も考えた「坂のまちアートinやつお」。直前まで寝込んでおられたのですが、なんとか持ち直し、会期中の三日間で大きな水墨画を描くことができま…

富山市清水町公民館展示

富山市立清水町公民館に高畑宏さんの指先水墨画が飾ってあります。 清水町に住む高畑さんご親戚の所蔵のもの。家に置いておくよりも地域の皆様に楽しんでもらいたい、という思いから。 公民館で作品をご覧いただいた 切り絵作家 岩田長峯(ちょうほう)さん…

北陸銀行大沢野支店ロビー展に向け制作の日々

富山市長附にある北陸銀行大沢野支店で来春1月から指先水墨画 高畑宏さんのロビー展が開催されるそうです。 薬の副作用でぐったりされていた高畑さんでしたが、最近は体調が回復されたようで、縁起の良い新春展に向け、制作活動に意欲的に取り組んでおられる…

スクールミュージアムポスター

「大沢野美術連合会 青少年の芸術を育む会」主催の小中学生作品展が12月16日より開催されます。 高畑宏さんが作品展のポスターを担当されました。 前回は1色だったのですが、今回は色数を2色に増やし、タイトルをスクールミュージアムと柔らかいものにされた…

第33回 大沢野美術協会 会員展 チャリティ展 高畑宏さんの作品

大沢野文化会館ロビーで開催されている大沢野美術協会 会員展 チャリティ展 高畑宏さんは、勇虎を出展されています。 チャリティ展の方は、雨晴海岸の夜明けを描いた「輝く夜明け」 来年の干支にちなんだ「吉祥申」 秋を描いた「柿と猿」 いずれも指先で描い…

第33回 大沢野美術協会 会員展 チャリティ展開催

本日より「第33回 大沢野美術協会 会員展 チャリティ展開催」が開催されました。 高畑宏さんは、勇虎を出展されます。 11月に入り病気治療のため入院されていた高畑さん。11月17日に退院され、自宅療養されているのですが、体調があまりよろしくないそうです…

看護学科の先生の粋な計らい

高畑宏さんの治療入院、当初より退院が延びてしまいました。 そんな中、楽しい出会いもありました。先週、看護学科の学生さんが研修にいらしておられるのですが、その方々とお話されるのが楽しみ、とのこと。 その中に平村出身の学生さんがいらっしゃいまし…

入院中のスケッチ

先週木曜日から再度、治療入院に入られた高畑さん。 今回の入院でもスケッチされています。今回は少し時間をかけた、とお話しくださいました。 頭に浮かぶ風景を描いていらっしゃるのですが、写生されているかのごとくリアルです。 x

第33回 大沢野美術協会 会員展 チャリティ展

高畑宏さんは昨日より一週間の治療入院に入られました。 昨日、病室を訪ねたところ、「第33回 大沢野美術協会 会員展 チャリティ展」のDMをいただきました。 11月27日(金)28日(土)29日(日) AM9時〜PM5時 11月9日はPM4時迄 富山市大沢野文化会館 1階ロ…

富山県功労表彰の映像に

先日、指先水墨画の展示をした「坂のまちアート」。こちらの実行委員会が富山県功労表彰(団体の部)に選ばれたそうです。 そのニュースがNHKで放映されたのですが、高畑さん展示シーンがバックで流れています。 www3.nhk.or.jp 「坂のまちアート」が登場す…

若林美智子さんの胡弓演奏 ー坂のまちアートー

2015年10月10日から12日まで開催された「坂のまちアートinやつお」。 初日、胡弓奏者 若林美智子さんとバンドネオンの大國徹さんが突然会場をお越しになられ、三曲演奏してくださいました。 youtu.be お二人は、坂のまちアート開催中、いろいろな会場にいき…

坂のまちアートinやつお 2015 無事終了いたしました

10月10日から3日間の「坂のまちアートinやつお 2015」、無事終了いたしました。 高畑宏さん、川渕大成さんの展示にお越しいただいた方々、 ありがとうございます。 さて、この夏45日間の治療入院をされていた高畑宏さん。 イベント直前も体調を崩され、ライ…

坂のまちアートinやつお 2015 二日目

「坂のまちアートinやつお」は二日目。 高畑宏さんは、水の流れを描きました。 指先に墨を含ませて 指の腹で描きます。 黄斑変性症の高畑さんは、目の周辺部しか見えない、というハンディを負っておられます。筆で描くことが困難なため、このように指で描い…

坂のまちアートinやつお 2015 初日

今年も「坂のまちアートinやつお」が始まりました。 高畑宏さん、川渕大成さん、そして今年百歳を迎えられた高畑さんのお母さん、高畑キクイさんの作品展示は、西新町公民館となりました。 病気のため、開催を一時は断念することも考えた高畑宏さん。 指先で…

坂のまちアートinやつお 2015 いよいよ開催

「坂のまちアートinやつお 2015」が今週土曜から開催いたします。 指先水墨画 高畑宏さんは、作品の展示の他、会期の3日間で、大きな作品を指先で描き上げるパフォーマンスをいたします。 紙の大きさは3.6m×1.5m。 「坂のまちアートinやつお」では、常に大き…

坂のまちアートinやつお 2015 1週間前

「坂のまちアートinやつお 2015」まで1週間となりました。 高畑さんは、水墨画のパフォーマンスのため、体調を整えておられます。 3日間かけて、背景を描く予定です。 高畑宏さんのお母様 高畑キクイさんが昨日100歳の誕生日を迎えられました。 本日の北日本…